アテニアドレススノーとドレスリフトの違いは?どっちを選べば良いの?

「アテニアドレススノーとドレスリフトの違いって?」
「ドレススノーとドレスリフトはどっちを選べば良いの?」

2021年の4月に発売された“アテニアドレススノー”シリーズですが、ドレスリフトとどのような違いがあるのでしょうか?
初めてアテニアを試される方や、どっちを選んだらわからない方は気になるかと思います。

そこで、今回はアテニアドレスリフトとドレススノーの違いと、どっちを選んだら良いのかまとめていきたいと思います。

アテニアドレススノーとドレスリフトの違いは?

まず、アテニアドレススノーとドレスリフトの違いからお話しします。

ドレスリフトとドレススノーの違いについて公式サイトには以下の記載あり

アテニアの公式サイトでは、ドレススノーとドレスリフトの違いについて以下のような記載がありました。

“『ドレスリフト』は、エイジングケアができ、『ドレススノー』は、ドレスリフトのエイジングケア力はそのまま、美白効果が期待できる商品です。年齢を重ね、複合的なお肌悩みが現れはじめた方に、エイジングケアだけでなく、美白のケアも手軽にできるのが『ドレススノー』です。”
【引用】『ドレススノー』と『ドレスリフト』との違いは? | よくあるご質問 | アテニアオンライン ショップ

つまりドレススノーは、ドレスリフトに「エイジングケア・美白対策」がプラスされたスキンケアシリーズになります。
“ドレスリフトのエイジングケア力はそのまま”とあるので、エイジングケアに関してもドレスリフトと同等の効果(ハリのケアなど)が期待できるシリーズなんですね。

ドレススノーとドレスリフトの成分の違い

まずドレスリフトが“化粧品”なのに対し、ドレススノーは“薬用化粧品(医薬部外品)”です。
ここが大きな違いと言えるでしょう。
ドレススノーは医薬部外品なので、有効成分が配合されています。
それに対しドレスリフトは化粧品なので、有効成分が配合されていません。

ちなみに、以下の成分はドレススノー・ドレスリフトどちらも配合されています。

①サーチュライザーS6r
②発酵コラーゲン
③タイムブレスDN

ドレススノーは美白・シワ改善成分「ナイアシンアミド配合」

ドレススノーには、美白・シワ改善成分の“ナイアシンアミド”が配合されています。
シワ改善系の化粧品を調べられた方は一度は聞いたことのある成分ではないでしょうか。

ドレススノーに配合されるナイアシンアミドは、「レチノール」やポーラが開発した「ニールワン」などと並んで3大抗シワ成分などと呼ばれたりします。

ナイアシンアミドが凄いのは、抗シワ対策だけではなく「美白」も期待できるということ。
水溶性の成分で水にも配合可能で、化粧水などにも配合することができます。

価格の違いは?

ドレススノーとドレスリフトの価格を比べていきたいと思います。

アテニアドレススノーの価格

商品名種類内容量価格備考
ドレススノー ローション【医薬部外品】化粧水150mL 2〜3ヵ月3,960円(税込)新発売記念価格
3,625円(税込)
ドレススノー デイエマルジョン【医薬部外品】日中用乳液60mL 3~5ヵ月分(朝のみ)3,300円(税込)新発売記念価格
2,965円(税込)
ドレススノー ナイトクリーム【医薬部外品】夜用クリーム35g 2~3ヵ月分(夜のみ)4,730円(税込)新発売記念価格
4,400円(税込)
スパチュラ付

アテニアドレスリフトの価格

商品名種類内容量価格備考
ドレスリフト フェイシャルウォッシュ洗顔料120g 約2ヵ月分1,870円(税込)
ドレスリフト ローション化粧水150mL 約2~3ヵ月分3,625円(税込)
ドレスリフト デイエマルジョン日中用乳液60mL 約3~5ヵ月分(朝のみ)2,965円(税込)
ドレスリフト ナイトクリーム夜用クリーム35g 約2~3ヵ月分4,400円(税込)スパチュラ付

価格はドレスリフトの方が安い

表を見ると分かる通り、価格はドレスリフトの方が安いです。
各シリーズを見てみると、化粧水・乳液・クリームそれぞれ約300円ずつ安いですね。

ドレススノーは医薬部外品で有効成分を配合していることもあり、ドレスリフトよりもやや割高になっています。

ただし、ドレススノーはまだ発売されてから間もないこともあり、5/31まで新発売記念価格で購入することができます。
気になる方は、これを機に試されても良いかもしれません。

ドレススノーには“洗顔”がない

また、ドレススノーシリーズには「洗顔料」がありませんでした。
ドレスリフトには「ドレスリフト フェイシャルウォッシュ」があるので洗顔からラインで使うことができます。

それに対しドレススノーは化粧水・乳液・クリームの3種なので、洗顔はその他のシリーズのものを使う必要があります。

【ライン使い関連】

【ドレススノーorドレスリフト】どっちを選べば良いの?

さて、それではドレススノーとドレスリフトはどっちを選べば良いのでしょうか?

エイジングケアをしつつ美白・シワ対策をしたいならドレススノー

冒頭でお話ししましたが、ドレススノーにはドレスリフトのエイジングケア力はそのままに美白効果やシワ改善効果が期待できる成分が入っています。

なので、エイジングケアをしながらや美白・シワ対策をしたいならドレススノーがおすすめでしょう。

美白・シワ対策は必要ないけどエイジングケアをしたいという方はドレスリフト

「美白・シワ対策は特に大丈夫!」

という方は、エイジングケアの“ドレスリフト”がおすすめです。

ドレスリフトはドレススノーよりも価格が安いので、美白ケアなどにこだわりのない方はドレスリフトが良いでしょう。

なお、ドレスリフトローションは大手口コミサイトの「アットコスメ」でベストコスメアワードを受賞した実績があります。

それに対しドレススノーはまだ発売されたばかりのアイテムのため、口コミもモニターのものが中心でなかなか評価だけでは判断しづらい部分もあります。
すでに実績のあるドレスリフトなら、評判の面で期待できるスキンケアシリーズでしょう。

まとめ:アテニアのドレススノーとドレスリフトシリーズの違いは成分・価格・洗顔があるかないか

アテニアのドレススノー(医薬部外品)にはドレスリフトには配合されていない“ナイアシンアミド”という美白・シワ改善におすすめの有効成分が入っています。

ドレスリフトは化粧品のため有効成分は入っておらず、エイジングケア(ハリ対策など)がメインとなります。

価格はドレススノーの方が高く、ドレスリフトには洗顔はありますがドレススノーにはありません。

どっちを選んだら良いか迷われている方は、是非こちらの情報を参考にしてみて下さいね。

1 COMMENT

アテニアドレススノーをライン使いするなら?洗顔はないの? | スキンラボ|おすすめの人気スキンケア・基礎化粧品まとめ

[…] 「アテニアドレススノーとドレスリフトの違いは?どっちを選べば良いの?」でもお話ししましたが、ドレスリフトにはサーチュライザーS6r、発酵コラーゲン、タイムブレスDNといったドレススノーと共通する成分が配合されています。 (ドレススノーにはプラスで美白成分が配合されています) […]

現在コメントは受け付けておりません。